坂本弘道ディレクション

9月17日(日) 13:30 - 15:00

中村達也+PIKA+坂本弘道 with ながめくらしつ

野生のカリスマ中村達也、野生のビーナスPIKA、世界のサカモト、そして現代サーカスのカンパニー「ながめくらしつ」のアーティストたちが舞台を彩る、「JAZZ ART せんがわ」でしかあり得ない、超レア異次元セッション!

中村達也(Ds)、PIKA(Ds)、坂本弘道(Cello)、ながめくらしつ(ジャグリング&音楽集団)

 

■プロフィール

中村達也 Tastuya Nakamura

http://nakamuratatsuya.jp

ex. BLANKEY JET CITY。稀代のドラマー。現在の活動はソロ演奏を筆頭に、斉藤和義 (Vo./Gt. )との無頼派ユニット「MANNISH BOYS」や、チバユウスケ (Gt.) 、イマイアキノブ (Gt.) とのベースレス・3ピースバンド「The Golden Wet Fingers」。KenKen (Ba.) とのバトル・ユニット「SPEEDER-X」。仲井戸麗市 (Gt.) 、蔦谷好位置 (Key.) らとの「the day」の他、FRICTION、TWIN TAIL、そして自身のプロジェクト「LOSALIOS」などを継続して活動中。多くのバンドを担う傍らで、画家の黒田征太郎とのライブ・ペインティングや、舞踊家の田中泯との創作ライブも精力的に行っている。俳優としても活躍しており『BULLET BALLET バレット・バレエ』 (00年/塚本晋也監督) 、『涙そうそう』 (06年/土井裕秦監督) に出演。 『蘇りの血』 (09年/豊田利晃監督) では初の主演を務め特異な存在感を漂わせた。’10年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」にも登場。最新の出演作としては、映画『野火』 (15年/塚本晋也監督) 。またTVドラマ&映画「HiGH & LOW」にも出演。

 

PIKA


女性2人組ロックバンド「あふりらんぽ」のドラムボーカリスト。2007年よりソロを活動を始動。世界を飛び回り国内外数々のミュージシャンと共演。近年では子どもを交えた音楽作りやドラム教室、また絵画やパフォーマンス等、多様なジャンルで活動を繰り広げ, ハプニングかつ実験的でプリミティブな音楽を追求する。天真爛漫で垣根の無い幅広い視野と彼女の普遍的な宇宙観は見る人を魅了し続けている。

 

ながめくらしつ

2008年にジャグラー・演出家の目黒陽介を中心に結成。オブジェと身体と音楽の融合した舞台空間の創出を目指し、ジャンルの垣根を越えた身体表現としてのジャグリングによる集団創作をおこなうジャグリング&音楽集団。異なるジャンルのアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んでおり、ジャグリングと音楽を軸とした現代サーカスとしても評価を得る。大道芸フェスティバルから舞台公演までさまざまなフィールドで活動中。

[目黒陽介、長谷川愛実、安岡あこ ほか]

 

坂本弘道 Hiromichi Sakamoto(cello,musicalsaw,electronics)

多種多彩なセッション及びソロを国内外で展開する音楽家。2008年演奏中にチェロを燃やすというソロ公演を敢行、稀代のパフォーマーでもある。「パスカルズ」などのバンド活動、遠藤ミチロウ、イマイアキノブ、友川カズキ、早川義夫、UA、川上未映子、白崎映美、など、共演・サポート多数。近年は数多くの舞台で音楽を手掛けている。コクーン歌舞伎『盟三五大切』、流山児事務所『地球空洞説』『音楽劇マクベス』、シスカンパニー『グッドバイ』『草枕』『遊侠 沓掛時次郎』『黒塚家の娘』、近藤公園・平岩紙 二人芝居『あたま山心中~散ル、散ル、満チル』、台湾阮劇團×流山兒事務所『馬克白:マクベス』等々。アニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太)音楽監督、音楽ドキュメンタリー映画「We Don’t Care About Music Anyway」(監督:Cedric Dupire, Gaspard Kuentz)出演。

 

time table

TOP