大熊 ワタル

1960年広島県生まれ。80年頃からポストパンク黎明期の東京アンダーグラウンドシーンで活動開始。当初シンセサイザー、ノイズギター等担当。次第に生音の有機性に注目、20代半ばでチンドン屋に入門しクラリネット修行開始。

90年代、クラリネット奏者として自己のグループ「シカラムータ」を始動。超ジャンル的で実験性や即興性、ストリート感覚に満ちた音楽性は国内外で話題となる。近年はチンドンユニット・ジンタらムータでの活動でも知られ、両バンドでの海外公演多数。ほかにも国内外の様々なプロジェクト、映画・演劇とのコラボレーション、文筆など領域を超えて出没中。
http://www.cicala-mvta.com/

・主な参加プロジェクト:A-Musik、ソウル・フラワー・ユニオン(同モノノケ・サミット)、SOLA(Lars Hollmer)、Half the Sky(Henry Cow関連)
・主な共演者:クリス・カトラー、ダグマー・クラウゼ、デレク・ベイリー、トム・コラ、ハン・ベニンク、フランク・ロンドン、ラーシュ・ホルメル、The Klezmatics


出演ライブ
9月14(金) 19:30-21:00 John Zorn’s COBRA

TOP